サイドチェンジ

短いパスと長いパスをうまく使う

攻撃で相手を崩すために大事になるのがサイドチェンジだ。基本的に、相手はボールのあるサイドを中心にして守っているため、素早くサイドを変えることができれば、ディフェンスの対応が遅れるので、チャンスにつながりやすい。ボールを持っている時間は長いのに、チャンスがなかなか作れないチームは、パスのリズムが単調で、パスの距離も短く、相手にとって守りやすくなっている場合が多い。短い距離のパスと長い距離のパスを、状況によってうまく使い分けていきたい。そうすることで、相手チームが的を絞りにくい攻撃が展開できる。

1人飛ばしてのサイドチェンジ

例えば、右サイドでボールを持った選手が、左サイドにパスをつなげたいときを考えてみよう。最も確実なのは、右サイドから中央の味方を経由して、左サイドにパスをつなぐでやり方だが、パスの本数が2本になるので、その分、相手に時間を与えることになる。サイドチェンジをきっかけ攻撃のスピードをアップさせるには、中央の味方にパスを出すよと見せかけて、その奥にいる逆サイドの選手まで1本でパスを通したい。パスを受けた選手は相手の守備が整わないうちに仕掛けていこう。

中央を経由する

サイドチェンジをするとき、中央の選手を経由してパスをつなぐと、相手に対応する時間を与えるので、効果的な攻撃になりにくい。

中央を飛ばす

すぐ近くの選手を飛ばして逆サイドの昧方までパスを通せれば、相手のスライドが間に合わない。パスを受けた選手は素早く仕掛ける。