パスコースの作り方

なぜパスがもらえない?

ボールを持っていないとき、フットサルで初心者の人にありがちな動きが、闇雲に前に行ってしまうことだ。ボールを持っている選手がどんな状態なのか、相手の選手がどこに立っているのかを見ないと、味方からパスは出てこない。まずは、ボールと自分を結んだ線上に相手選手がいるかどうかをチェックしてみよう。ボールとの線上に相手がいないところに動いてパスを作る。さらに左に行くふりをして右に行行くなどのフェイクを入れると、パスをもらいやすくなる。それでもパスをもらえないときは、タイミングが味方と合っていないことが考えられる。ボールを持った選手が顔を上げた瞬間に動き出せば、こちらの動きに気づきやすくなるので、パスをもらえる雌率もアップするはずだ。

パスを出したら別の場所ヘ動く

パスを出した選手は、前でも、横でも、後ろでも別の場所に移動することが基本だ。よく、パスを出したらボーッと止まってしまう選手がいるが、フットサルはボールを持っている選手を除けば、フィールドプレーヤーは3人しかいない。ここで1人が動くのを止めてしまうと、味方はパスコースを一つ失ってしまうことになる。大事なのはパスを出す前から、自分が次に動くスペースを探しておくこと。そうすれば、パスを出した後も連続的にプレーに絡んでいくことができるはずだ。

CHECK1     ボールと昧方の線上に相手がいる

ボールを持った選手との間に相手が立っている。この状況だと、パスを出しでも力ッ卜される確率が高いので、昧方はパスを出しづらい。

CHECK2      ポールと昧方の線上に相手がいない

ボ−ルを持った選手が、相手のいないスペースに動く。その際フェイクを入れるとパスコースが生まれやすい。パスコース上に相手がいないので、昧方も出しやすい。