フェイクの動き

全選手必須のテクニック”フェイク”

フットサルでは狭いピッチの中で、いかにして相手のマークを外せるかが大事な要素になる。高い技術を持っている選手でも、相手にピッタリとマークされた状態では、100%の力を発揮することはできない。すべての選手が覚えておきたいのが、“フェイク”と呼ばれるボールが来る前の予備動作だ。例えば、サイドの位置でパスを受けたいときは、わざと1回前に行くフリをする。それによって相手のポジションが下がるので、ボールを受けたときに相手との距離を作ることができる。自分をマークしている選手と距離が近いときにフェイクは効果的だ。

相手に信じさせるフェイク

フェイクをするときのポイントは、相手に本当に「行かれる」と感じさせること。何となく前に行って、すぐに戻ってくる“フェイクのためのフェイク”をしている選手がいるが、それでは相手を引っかけることはできない。フェイクをすることは大事だが、ボールをもらうときに常にする必要はない。相手との距離が最初から速いときは、フェイクをしなくてよい。フェイクをすることで相手との距離が近くなって、マークされやすくなる場合もあるので、相手との距雌惑を見ながら、フェイクをするべきかを判断しよう。

CHECK1     フェイクをする場合

自分をマークしている相手との距離がl~2メートルぐらいのときは、ポールが来る前に別の方向に動くフりをする。

CHECK2 フェイクをしなくてよい場合

相手との距離が3メートル以上あって、ボールを持っても相手がすぐに寄せられないときは、フェイクをせすにボールをもらうほうがよい。