得点力を高めるファー

ファーに入る習慣をつける

フットサルはサッカーと違ってオフサイドがないので、シュートを打つ選手よりも高い位置にいても問題はない。だから、ゴール前で合わせる「ファー詰め」が有効なのだ。味方がシュートを打とうとするとき、相手のGKはシューターに対して体を向ける。そのタイミングでファーサイドに入れば、GKからは見えなくなるため完全にファーな状態になる。味方からのパスを合わせるのも容易だし、GKがボールを弾けば詰めることもできる。特にGKにフットサル経験が少ない場合、このようなケースを想定していないので、得点が決まりやすい。

得点王になることも夢じゃない

ただし、最初からずっと待ち伏せしていてはGKに読まれるし、相手にもマークにつかれてしまう。早く入りすぎず、GKがカバーできないタイミングでファーサイドに入ることを心掛けたい。サイドで味方が1対1を仕掛けているときは、じっと我慢して、味方が相手を抜いた瞬間に素早く走り込もう。ここでは特別なシュート技術は必要ない。ゴールまでの距離が近いため、足に当ててボールの角度をちょっと変えるだけで、ゴールネットを揺らすことができるからだ。シュート力やテクニックに自信がなくても、これだけで得点王になることも夢ではない。

CHECK1  タイミングを合わせて入る

サイドで昧方が相手を抜き、シュートを打とうとした瞬間にファーに走り込む。GKの死角に入ってフリーでシュートを打てる。

CHECK2  最初からファーで待っている

ファーに入るタイミングが速すぎると、GKにいることを認識され、マークもつかれるので、パスを受けづらくなってしまう。