ブロックと反則は紙一重

フットサルでディフェンスをする際など、相手チームのプレーヤーが自由に動き回れないように進路を妨害していくことが多くなります。
進路をブロックするためには、ある程度は相手チームのプレーヤーに近付く必要があるほか、相手プレーヤーも動き回っていることから、うっかり相手の体をつかんでしまったりタックルをしてしまったり、手などで突き飛ばしてしまったりする可能性も少なくありません。
フットサルにおいてはこれらの行為は反則となり、審判からペナルティを言い渡されてしまうかもしれません。
そのような事態にならないよう、十分に注意しながらプレイするようにしていきましょう。

また逆に自分達が攻撃中の際などに、相手チームから反則行為を受けてしまうこともあります。
そうなってしまった場合は、審判により相手チームのプレーヤーへ判定が行われるはずなのですが、必ずしもそうとは限りません。
なぜなら審判が、反則を行った瞬間を見落としてしまう可能性があるからです。
特にあまり厳しくない大会などで審判が初心者であるなどの場合、見落とされる可能性が上がるともいえるでしょう。

なお相手チームのプレーヤーから突き飛ばされるなどの反則行為を受けた場合、プレーを中断して審判にアピールする、というのも状況によっては有効となる場合もあります。

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *