至近距離でのパスのすすめ

フットサルにおいては、非常に至近距離でボールをキープしておかなければならないのはもちろんのこと相手が来た場合には、至近距離にもかかわらず至近距離にいる味方にボールをパスしなければならないというようなケースがしばしばあるわけです。そのような場合には、より一層足が緊張してしまうという気持ちも分かるかもしれません。実際、ゴール前などで自分自身がゴールを狙うよりも味方が ゴールを狙うほうが得点できる確率が高いというような場合には、 至近距離でのパスが重要になってきているというふうに言えるわけです。このような場合には至近距離でうまくボールを渡さなければ相手に奪われてしまうでしょう。ゴール前であればなおさらで多くの敵の選手がいる中で上手く気付かれないようにパスをするためには、相手がどのような動きをしているのかというよりも味方がどこに向かえそうかということを考えて頭脳をつなげるようにしてパスをするのがオススメだというふうに考えられるわけです。緊張した場面でも、的確なパスをすることができるようになるためには足裏でのパスがどれくらい飛ぶのか、ということの距離感をつかんでおくことが重要だという風に言えるでしょう。近距離でこの練習を行うと空いてさえいれば比較的短い時間であっても何度も何度も反復練習することができるため体にどれくらい飛ぶのかという、飛距離の感覚を身につけやすいということも言えるかもしれません。そのようにして力加減をうまくつかんでおくことがフットサルにおいては、何よりも重要であるというふうに考えられるわけです。とりわけ親指などをうまく使える人などはフットサルが上手になるかもしれませんから、親指のトレーニングなどをしてみるのもいいかもしれませんね。

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *