ドリブルに自信がある選手を生かす

ドリブルに自信がある選手がチームにいればできるサインプレーをご紹介します。マイボールのキックオフで、4人がハーフライン上に1列に並び、スター卜と同時に両サイドの選手2人が猛ダッシュで前に上がっていき、そこで2人はボールを強く要求します。相手がサイドにボールを出してくると予想し動き始めたところで、ボールを受けた中央の選手がドリブルで中央突破する、というもの。相手は虚を突かれ、うまくすれば得点に結びつく場合もあります。キックオフで相手もまさか仕掛けてくるとは思っていないでしょうから、ビックリ仰天ドタバタ劇が始まります。サイドに相手が気を取られれば真ん中が空くのは当然で、フットサルの鉄則無視のドリブルでの中央突破も忘れた頃にやってみるのもいいかもしれません。もちろん、リスクとしてサイドの選手がボールを取られることもありますから、その時は瞬時に切替えて、猛スピードで戻ることです。フットサルの公式戦では直接フリーキックになるファウルはカウン卜されます。そして、5回以上ファウルをしたら、それ以降は第2PKスポットからの壁なしフリーキック、いわゆる「第2P K」が相手に与えられます。しかし、ワンデイ大会では余程の大会でないと、ファウルがカウントされることはありません。故意のファウルは行けませんが、何とかしたいという気持ちが高じてのファアルはやむを得ないとこともあります。いずれにしてもお互いが、勝つための最善のプレーを出し合うことが重要であることに変わりはありません。

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *