テーピングの知識を正しくもつこととは

自転車、サッカー、フットサルなど脚の筋肉に大きな負担がかかるスポーツでは、テーピングなどをうまく利用してケガを未然に予防する処置もありますが、テーピングに頼るのではなくトレーニングのなかで、ケガをしないための筋肉を育てることも大切です。

ケガをしない身体づくりのためにテーピングを行ってはいけないのだと、頑なにテーピングを拒否する方も時にはいらっしゃいますが、適切なテーピングでケガを予防しながら、トレーニングで必要な筋肉を育てることも可能なはずです。テーピングを行っていればケガをしないといった間違った認識をしてしまうことが、大きな故障につながるケースもあるのです。

専門家でなくともテーピングに関する各種ツールが、気軽に手に入るようになったことから誤った知識をもっていらっしゃる方に、時々遭遇することがありますが、テーピングを行う上で大切なことは処置方法だけではなく、身体の構造を正しく理解する必要がることをこちらに述べておきたいと思います。

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *