Author: admin

ブロックと反則は紙一重

フットサルでディフェンスをする際など、相手チームのプレーヤーが自由に動き回れないように進路を妨害していくことが多くなります。 進路をブロックするためには、ある程度は相手チームのプレーヤーに近付く必要があるほか、相手プレーヤーも動き回っていることから、うっかり相手の体をつかんでしまったりタックルをしてしまったり、手などで突き飛ばしてしまったりする可能性も少なくありません。 フットサルにおいてはこれらの行為は反則となり、審判からペナルティを言い渡されてしまうかもしれません。 そのような事態にならないよう、十分に注意しながらプレイするようにしていきましょう。 また逆に自分達が攻撃中の際などに、相手チームから反則行為を受けてしまうこともあります。 そうなってしまった場合は、審判により相手チームのプレーヤーへ判定が行われるはずなのですが、必ずしもそうとは限りません。 なぜなら審判が、反則を行った瞬間を見落としてしまう可能性があるからです。 特にあまり厳しくない大会などで審判が初心者であるなどの場合、見落とされる可能性が上がるともいえるでしょう。 なお相手チームのプレーヤーから突き飛ばされるなどの反則行為を受けた場合、プレーを中断して審判にアピールする、というのも状況によっては有効となる場合もあります。

ボールへのプレス

ワンデイ大会では個人的にはマンツーマンのようにポールにプレスがかかっていない状態だと、キッカ ーの選手にフリ ーで蹴らせてしまうので、人についているのは得策ではありません。 うまくプレスがかかれば試合を優位に運ぶことができます。 これは インプレ ー中で も同じようにいえます。ボールへのプレス の有無でマークのツールにプレスがかかっているかどうか。これをチーム内の約束事にプレスがかかっているときは、一人ひとりが自分のマ ークをつかまえてパスコースをふせぎます。フットサルでは、プレスが非常に重要です。

ドリブルで相手をかわしたい!!

劇的アドバイス➡足元にとめずにトラップでぬけ! ボールを常に動かす フットサル初心者はドリブルというと、 1対1で止まってフェイン卜を使って仕掛けというイメージがあると思います。 しかし、ボール を足元に止めてから仕掛けるのは相手よりもうまくなければ難しいですし、攻撃のスピ—ドを遅らせてしまうのでオススメできません。ドリフルの突破率を劇的に上げるコツが、ファ ス卜トラップでポールを動かすことて‘す。 例えば、縦に突破したいときはボールが来る前の予備動作で中に体を向けておきます。相手が中にドリプルすると読んで寄せてきたところで、ファ ース トタッチで縦にボールを動かします。 これだけでドリブル突破完了です。 トラップで相手をかわすことができれば攻撃のスピードを止めないですし、難しい技術もいりません。 ポールにプリントされたメーカ の文字が 読めないぐらい、常にボールを動かしながらプレーすることを心掛けましょう。

誰かが抜かれても遅らせて4人で守る

ワンデイ大会ではドリフルやパスをカッ卜されたところから、カウンターで失点するというシーンをよく見ます。これは14人でディフェンスする」という基本的なことができていないのが主な要因です。 「4人でディフェンスする」とは、ポールラインより4人全員が下がって、数的不利を作らないことです。カウンタに限らず、試合では数的不利になる場面は多々あります。ドリプルで1人が抜かれたら、必ず誰かがカパーしましょう。カバーした選手の仕事は、ポールを奪いにいくのではなく遅らせること。相手を“足止め”している問に他の選手が戻って、守備のほころびを埋めます。 ワンデイ大会でこれができているチームはほとんどありません。裏を返せば、これをやるだけで全然変わります。ミーティングで「ボールを取られたら頑張ってポールラインまで下がろう」と強調しましょう。      

うまく蹴れない人は…

インフロントでうまく蹴れない人は、つま先からとするのではなく、足の内側でこするように蹴ってみましょう。とれなら簡単にインフロントキックができます。また、とのキックはカーブをかけやすいのですが、フットサルは遠い距離からのシュートでもせいぜい20mほどの距離です。インフロントキックで鋭いカーブをかけようとしても、曲がる前にゴールに届いてしまうため、さほど有効ではありません。

身体を温めてバランスを整える

府中アスレティックFCでは、毎回のトレーニングの最初に30~40分かけてステッフ。ワークも含めたウォーミンク‘アップpを行なっている。 ランニング ゆつくりのジ‘ヨギングかう始まり、徐々に走るスピードを上けて最後はトップスピードでランニングする、ビルドアップランを10-15分くらし、行なっている。徐々にスピードを上げて身体に負荷を掛けることで、自分の身体のどとかにおかしいととろはないか確認できる。それだけに暑い夏場であってもしっかりとランニングしてほしい。 ストレッチ ストレッチは必すラン二ンクで体を温めてかう行なわないと意味がない。身体の各部位を伸ばして、自分の可動領域を広げ5れるようにする。  

オールコートでの 1対 1

守備側の選手に体力的な負荷を掛けた状態での 1対 1。守備側の選手1吉区‘h、らボール を 受 け た う 、 反 対 ゴ ー ル の G Kへ ロ ン グ パ ス し て 斜 め 前 に ダ ッ シ ユ 。 ボ ー ル を 受 け た G Kはそれを攻撃側の選手に渡し、オールコー トでの 1対 1をスタ 卜させる。