Author: admin

誰かが抜かれても遅らせて4人で守る

ワンデイ大会ではドリフルやパスをカッ卜されたところから、カウンターで失点するというシーンをよく見ます。これは14人でディフェンスする」という基本的なことができていないのが主な要因です。 「4人でディフェンスする」とは、ポールラインより4人全員が下がって、数的不利を作らないことです。カウンタに限らず、試合では数的不利になる場面は多々あります。ドリプルで1人が抜かれたら、必ず誰かがカパーしましょう。カバーした選手の仕事は、ポールを奪いにいくのではなく遅らせること。相手を“足止め”している問に他の選手が戻って、守備のほころびを埋めます。 ワンデイ大会でこれができているチームはほとんどありません。裏を返せば、これをやるだけで全然変わります。ミーティングで「ボールを取られたら頑張ってポールラインまで下がろう」と強調しましょう。      

うまく蹴れない人は…

インフロントでうまく蹴れない人は、つま先からとするのではなく、足の内側でこするように蹴ってみましょう。とれなら簡単にインフロントキックができます。また、とのキックはカーブをかけやすいのですが、フットサルは遠い距離からのシュートでもせいぜい20mほどの距離です。インフロントキックで鋭いカーブをかけようとしても、曲がる前にゴールに届いてしまうため、さほど有効ではありません。

身体を温めてバランスを整える

府中アスレティックFCでは、毎回のトレーニングの最初に30~40分かけてステッフ。ワークも含めたウォーミンク‘アップpを行なっている。 ランニング ゆつくりのジ‘ヨギングかう始まり、徐々に走るスピードを上けて最後はトップスピードでランニングする、ビルドアップランを10-15分くらし、行なっている。徐々にスピードを上げて身体に負荷を掛けることで、自分の身体のどとかにおかしいととろはないか確認できる。それだけに暑い夏場であってもしっかりとランニングしてほしい。 ストレッチ ストレッチは必すラン二ンクで体を温めてかう行なわないと意味がない。身体の各部位を伸ばして、自分の可動領域を広げ5れるようにする。  

オールコートでの 1対 1

守備側の選手に体力的な負荷を掛けた状態での 1対 1。守備側の選手1吉区‘h、らボール を 受 け た う 、 反 対 ゴ ー ル の G Kへ ロ ン グ パ ス し て 斜 め 前 に ダ ッ シ ユ 。 ボ ー ル を 受 け た G Kはそれを攻撃側の選手に渡し、オールコー トでの 1対 1をスタ 卜させる。